転嫁

転嫁(imputatio)の一般的教義

 今日の信仰の一部である転嫁は、二重の概念である。一つはキリストの功績の転嫁、もう一つはその結果としての救済の転嫁である。キリスト教会全体は、次のように考えている。義認とその結果としての救済は、父なる神による子キリストの功績の転嫁によってもたらされる。そしてこの転嫁は、恩寵により、神が望まれる時と所で、したがって神の裁量によって起きる。キリストの功績が転嫁される人々は、神の子として受け入れられ数えられる。教会の指導者たちは、この転嫁の概念から一歩も先に進んでいないので、あるいはそれ以上に精神を高めていないので、神の裁量的選択についての見解によって、忌まわしい狂信的な誤りに、そしてついには予定説という唾棄すべき異端に陥っている。同様にまた、神は人が人生で何をするかは気にされず、ただ人が心に深く刻んだ信仰のみに注目されるという忌まわしい異端に陥っている。したがって、もしこの転嫁についての誤った信仰が取り除かれないなら、無神論がキリスト教世界全体に広がるであろうし、キリスト教徒はヘブライ語でアバドン、ギリシア語でアパルオンと呼ばれる奈落の王に支配されるであろう。(『真のキリスト教』628)

転嫁の教義の起源

 救い主キリストの功績と正義が転嫁するという信仰は、最初に、永遠からの神の三位格に関するニカイア公会議の教令から起こった。そしてその信仰は、そのときから現在に至るまで、キリスト教世界全体で受け入れられている。・・・中略・・・

 アタナシウス信条には次のようなことばがある。カトリックの信仰はこうである。われわれは、諸位格を混同することも、実体を分割することもせず、三一神における一つの神を、また一体となった三一神をあがめる。しかしキリスト教の真理によって、われわれは各位格は別々の神であり主であることを認めることを強制されているので、われわれはカトリックの宗教によって三位格の神、三人の主があると言うことを禁じられる。これは、三神、三主を認めることは許されるが、語ることは許されないということである。 (『真のキリスト教』632)

使徒教会で知られていない転嫁

 キリストの功績が転嫁するという信仰は、初期の使徒教会においては知られていなかったし、聖言のどこにもそれがわかるものはない。ニカイア公会議以前に存在した教会は使徒教会と呼ばれた。これは広範囲に及んでおり、アジア、アフリカ、ヨーロッパの三大陸に広がっていた。